入金消込はどんな作業を行うのか、早く確実に行うには

入金消込は、オンラインショッピングなどで入金されてきたデータと、商品購入のデータを照合し、支払い済みにする処理のことを言います。支払い方法は、一つだけではなくお客さまが便利と感じるように何種類も用意されています。

銀行振込やコンビニ決済、クレジットカードなどありますが、いろんな方法で入金されてくるとそれを照合する作業に時間がかかります。
そこで、入金されたと同時に消込も完了するといったシステムを導入すると、チェックミスなどもなく、スムーズになります。

特にオンラインショッピングでは、入金確認後発送といったシステムがあるので、処理がスムーズにいかないとお客さまに迷惑をかけることになります。
コンビニ決済やATM決済を導入すると、購入データを特定してしまうので、入金=その商品代となり、その時点で消込が完了します。

また、銀行振込では、仮想口座を用いてそれぞれに口座番号を振り分けることで、入金消込がすぐできます。こういったシステムは、決済代行会社が導入のサポートをしてくれるので相談してみると良いでしょう。代行会社はいくつかあって、それぞれ特徴がありますから比較してから決めると良いです。

ネットショップを開設、運営していく上で決済方法を決めるのは必須ですから、どこが一番良いのかじっくりと検討するようにしましょう。サービス内容や導入にかかる費用など、比較する点はいくつかあるので、慌てず慎重に決めたいものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:支払方法

このページの先頭へ