ハッシュ値とは何か、どんな場面で使われるものなのか

ハッシュ値というのは、ハッシュ関数によって計算された値のことを言います。これを利用することにより、データを検索する時の時間を短縮することができます。
ハッシュ関数というのはどういうものなのかというと、任意のデータから固定長の乱数を作る計算方法です。不可逆(元に戻れない)的な一方向の関数とも言われます。

この関数の特徴は、同じデータからは同じダイジェストが出力されること、データの内容が変化すればそれに伴って出力されるダイジェストも変化すること、ダイジェストから元のデータを出すのは不可能、といった3つがあります。このダイジェストのことを、ハッシュ値と呼ばれることもあります。

この関数は、ユーザー認証や電子署名による身元証明に利用されます。データが改ざんされたものかそうでないかを判断するのです。例を挙げると、あるデータを送信する時に、ここからハッシュ関数で得たダイジェストをつけて送ります。

受け取った側は、そのメッセージからハッシュ値を出し、送ってきたものと比べてみて同じ値であれば改ざんではないと判断できます。

配布されているファイルをダウンロードする時など、そのファイルが破損していないかどうかを確認する時に、これは利用されます。ファイルのハッシュ関数(値)を確認するツールがあるので、これを導入すると良いでしょう。無償のものが出ていますので、こういったものをどんどん活用して、安全にパソコンを使うようにしたいものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:支払方法

このページの先頭へ