CSVとは何か、これにすることで良い点は

CSVというのは、IT用語で、ファイル形式の一つで、項目をカンマで区切って並べたものを言います。Comma-Separated Valuesを省略したものです。

この形式でデータを出力する機能やファイルを取りこむ機能がサポートされているアプリケーションもたくさんあるので、アプリケーション間のデータのやり取りに使われることが多いです。会計システムや販売管理システムなどのデータは、この形式で出力できるものが多いです。これをエクセルで加工できれば、とても便利です。

このファイルは、メモ帳で作成することができます。カンマ区切りで適当に文字を入れ、拡張子をCSVにして保存します。それをエクセルで開いてみると、カンマで区切られた文字がエクセルでは各列に入力されています。

もし、送付されてきたファイルがCSVの場合、エクセルがインストールされているパソコンなら、アイコンをクリックすればエクセルが起動し、ファイルが開けます。もしエクセルがインストールされていないパソコンでも、メモ帳で編集ができます。

この形式のファイルは、多くの電子手帳やワープロなどでも使えるという便利なものなので、知っておくと便利なものだと言えます。詳しい仕組みはよくわからないかもしれませんが、何にでも使えるものと知っておくと良いでしょう。見たことがない拡張子のファイルが送られて来た、とあわててしまうところですが、知っていれば普通に対応できます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:支払方法

このページの先頭へ