2016-04

金融用語

アク抜けを見極めてピンチをチャンスに変える

アク抜けという言葉を聞いたことはあるでしょうか。株取引などで使われる株式用語で、大きな悪材料があり、株価の下落が止まらずに下がり続けていたものが、悪材料出し尽くしの状態となり下げ止まって、一旦落ち着きを見せることを言います。悪い膿を出し切っ...
金融用語

悪材料出尽くしを買いのチャンスと捉えよう

悪材料出尽くしの状態は、これ以上ないくらい株価が下がっている状態のことです。つまり、以前よりも安価でその対象の株を手に入れることができるわけです。だからこそ、ここで買いのチャンス到来となります。また、下がりきったあとは上がるしかないというと...
金融用語

悪材料が降って湧いても対処する方法を考える

株式市場や個別銘柄において、株価に影響をもたらす出来事や予測情報などのことを材料と呼びます。材料には、株価を好転させる好材料と、下落させる悪材料があります。
スポンサーリンク
金融用語

アーニングサプライズによる市場への影響とは

企業には、秘密裏に開発してきた商品や、大型の提携の話など、市場に出ないようにしていることがいくつかあったりします。もちろん、情報によっては、良い場合も悪い場合もあり、これらの情報は株式市場に大きな影響を及ぼすことが多々あるのです。
金融用語

TS倍率で経済状況を把握する意味を知ろう

TS倍率とは、TOPIX(T:東証株価指数)をS&P500(S:S&P500種株価指数)で割ったものです。TOPIXは、東京証券取引所に一部上場している全企業の時価総額を時価総額加重平均方式にて算出した株価指数を言います。
金融用語

ST倍率が示す指標で株取引を優位に進めよう

元々株価指数は、その証券取引所の株価の動向を示すものです。その株価指数を使用することで、その国の経済状況がわかるとしたら、株式投資をする上でこれほど参考になる数値はありません。
金融用語

NT倍率を使って株式市場の動きを見る方法

株式市場において、市場全体の動向を見極めることはとても大事な作業となります。その中で、何か参考になる数値があればいいと思うのは自然なことです。NT倍率は、参考にできる指標の一つと言えます。NT倍率は、日経平均株価指数(N)をTOPIX(東証...
金融用語

J-Stockが株式投資で参考にされる理由とは何か

J-StockはJASDAQに上場している銘柄の中でも、時価総額、経常利益、純資産などの一定の基準を満たしている銘柄を言います。JASDAQは、時価総額加重平均方式によって算出した株価指数をJ-Stock Indexとして発表もしています。...
金融用語

IPO銘柄を購入して株式投資でチャンスを得る

株に投資している以上、小さなチャンスでも逃したくないものです。そんな投資家の方に多くのチャンスをくれるIPO銘柄(Initial Public Offering)があります。IPO銘柄は株式市場に新たに株式を開示する株を示しており、新規公開...
金融用語

割安株とはその銘柄が本来持っている価値よりも低く評価され、株価が安い銘柄のこと

割安株は英語でBargain stock、あるいはValue stockとも呼ばれ、本来その銘柄が持っていてもおかしくない価値があるのにも関わらず、価格が安い銘柄のことです。英語でバーゲンとはある商品の価格が本来よりも安くなるということで、...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました