普通預金とは別名を流動性預金と言い、いつでも自由にお金の出し入れができる口座のことです

スポンサーリンク

多くの人は銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫に、持っている現金を預けますが、その際には口座が必要になり、それには普通と当座があり、お金を預かった金融機関はいずれかの口座にそれを入れて、利子をつけたりしています。一般的には口座を開設するのは普通預金で、その性質上英語ではsaving accountと呼ばれているのです。

硬い表現をすると、この預け金は流動性預金と呼ばれ、流動性とはお金の出し入れが自由なことを意味します。これは当座も似たようなものですが、当座の場合には利子がつきません。

また、定期は自由にお金の出し入れができない仕組みになっているので、その性格が異なります。さらに別の言葉で言うと、要求払預金に含まれ、これにはほかに当座、通知、別段、納税準備などの名目の預金があります。

このように金融機関にお金を預けて、それが必要な時にはATMなどで銀行が発行するカードで現金を引き出したり預け入れたりができるので、便利な財布代わりのシステムだと言えますし、使う予定が無い場合は定期預金に振り替えることもできます。

おさらいをすると、普通預金とは金融機関にお金の預け入れを自由に行える口座のことで、預けている期間中にはそのお金に対して一定の金利が付加されることです。
ただし、そのお金が1000万円を超える分については、金融機関が破綻した際には、預金保護法での保証の範囲外になる恐れがあることを付記しておきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

タイトルとURLをコピーしました