会計

会計

業種によって求め方が異なる、企業の競争源泉・売上総利益とは

会社の売上というのは一体どのように計算されるか知っていますか。計算自体は簡単で、売上高から売上原価、つまり商品を作るためにかかったお金を差し引いた額を求めればいいのです。これを売上総利益といい、これをいかに高めるか、それを今日も企業は模索し...
会計

売上債権回転率を知り、債権の現金化の効率をはかる指標

企業では普段、私たちがあまり目にすることがないような取引などもされています。手形を使った取引や売掛金といったものがまさにそれで、売掛金は一昔前にはあった「ツケ」だと思えば理解が早いでしょう。
会計

売上原価率を知ることは企業の利益の状態を知ること

どんな商品、サービスにも必ず原価というものが存在します。これは、その商品やサービスを作る上でかかった費用のことです。卸業や小売業なら商品を仕入れる費用を仕入原価といい、製造業なら商品を作る費用を製造原価といいますが、飲食業なら料理を提供する...
会計

会計のさまざまな場面で活用される売上原価とは何か

会計についての知識がまだ不十分という方でも、売上原価という言葉を一度は聞いたことがあるでしょう。これは、企業がサービス・商品などを提供する場合などにかかる費用を指しています。製造原価や仕入れ原価などがこれにあたるというわけです。
会計

当座資産の一種、受取手形とは一体どのようなものか

会計上では、さまざまな手形の種類が存在しており、その一つに受取手形と呼ばれるものがあります。これは商業手形のことを指していますが、例えば商品、或いはサービスなどを販売した場合、販売先から対価として受け取ることができるものです。
会計

企業の信用力を示すためのインタレスト・カバレッジ・レシオとは

企業が持つ信用力がどの程度かを確認するための指標として用いられている比率に、インタレスト・カバレッジ・レシオというものがあります。これは、会社が借入金などに対して利息を支払えるかどうかを知るためには欠かせません。支払利息や割引料など金融費用...
会計

資産と負債を区分するために欠かせない一年基準とは

英語名ではワン・イヤー・ルールと呼ばれている会計上で重視されるものの一つは、一年基準です。このルールは貸借対照表におけるもので、貸借対照表の日にちの次の日を起点にして数えていき、その結果1年以内の支払いと回収が行えるか否かを判断した上で分類...
会計

企業の赤字を防ぐためには欠かせない、安全余裕率

企業の売上高が減少した時、その減少がどの程度までであれば赤字を防げるのかという基準を示す比率を、安全余裕率と呼びます。この比率はCVP分析をする際の指標の一つとされており、主に企業が出したコストや販売量、利益などの関係性を分析する場合に用い...
会計

粗利益率は会計上の専門用語で売上高に占める利益の比率の事

会計における専門用語の一つに、粗利益率というものがあります。これは、その名の通り企業が出した売上高のうち、粗利益がどのくらいの比率であるかを表すものです。ちなみに、粗利と略して呼ばれ、企業の売上高のうち売上原価を差し引いて出されたものを指し...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました