銀行

銀行

マル特は国債に対する税金が非課税になる制度

マル特とは、少額公債非課税制度のことを言い、一人あたり元本の350万円までに対する利息の税金が課税されなくなることを言います。少額貯蓄非課税制度のマル優とは別のものであり、マル優の対象が定期預金や普通預金や貯蓄預金や通知預金や国債であるのに...
銀行

マネーセンターバンクは国際的に活躍する銀行

アメリカの銀行では、その規模と役割からいくつかの呼び名があり、区分の仕方は総資産額などの具体的な規模はありませんが、イメージとして語られることが多く、どのようなタイプの銀行がアメリカにはあるのかを把握するには最適であると言えるでしょう。 ...
銀行

マーチャントバンクは貿易商達が携わる銀行のこと

マーチャントバンクは特定の昔のロンドンの金融業を示す言葉になっていますが、現在も滅びたわけではなく、形を変えながらも名残を残しています。しかしながら、20世紀初頭には世界中で重要だったそれは、現代ではほとんど影を残さなくなってしまいました。...
スポンサーリンク
銀行

本支店レートとは金融機関の本店と支店、支店と支店との間での資金移動の利率のことです

銀行をはじめ信用金庫や信用組合、労働金庫などの金融機関は本店単独だけで営業活動を行うのではなく、数はともかくとして支店を各地に設置しています。なおこの場合厳密には街中にあるATM専用の施設は本支店レートに関係する場所ではありません。
銀行

本源的預金とは利用者からお金を銀行などが受け入れる最初の預金のことです

本源的預金は英語ではprimary deposit、すなわち第一次の預金ということで、利用者が銀行などの金融機関の普通口座や当座口座に預けるお金のことです。それがさまざまな用途に分散されて社会経済の歯車が回転します。なお、これは直接預金とも...
銀行

ホールセールバンキングは大企業、政府、自治体、大資産家の資産を対象とする銀行経営のことです

ホールセールバンキングは英語でwholesale bankingですが、ホールセールという意味は卸店ということであり、これが金融用語として使われると、大企業、政府や地方公共団体などの大口の預金や貸金、および証券投資を主な業務対象とする銀行経...
銀行

保険金支払方式は金融機関が破綻した場合、預金保険機構が預金者を救済する方法です

金融機関が絶対に破綻しないという神話は成立しなく、今までに破たんした例がいくつもあります。このような事態になると被害を受けるのはお金を預けた者であり、破綻した金融機関には預金を払い戻す力がありませんから金融パニックが起こります。
銀行

法定準備預金額は銀行が日銀に預けることを義務付けられているお金のことです

法定準備預金額は英語ではlegal required reservesと言い、その内容は民間の銀行や一定以上の規模を有する信用金庫などが、一定の金額を一定期間、無利子で日銀に預ける義務があるお金の額です。このような金融機関はこの分のお金を差...
銀行

法定準備制度とは、民間銀行などが一定のお金を無利子で日本銀行へ預け入れる法的制度です

法定準備制度は英語で、reserve deposit requirement systemと言い、民間の銀行などが一定額の資金を日本銀行(日銀)に無利子で預け入れておくことを法律で定めた制度のことです。なお、別名を支払準備制度、準備預金制度...
銀行

別段預金は、雑預金とも言い、金融機関の取引で発生する資金を処理する預金です

銀行などでの業務には、預金や融資、為替取引・代理業務をする際に、業務フローの物理的な理由のために即時には処理しきれない未決済や未整理という付随的な資金、預り金が発生します。この様な時に未決済のお金をそのままにしておくことは出来ませんから、一...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました