クレジットカード用語

クレジットカード用語

CRMを利用した顧客情報とマーケティング戦略

顧客との関係を長期的に築くマーケティング手法として、CRMがあります。これは顧客関係管理と呼ばれるもので、顧客の情報、購入履歴、お問い合わせ内容を記録、管理することで、過去に行った企業、店舗から顧客へのアプローチやお問い合わせのデータにアク...
クレジットカード用語

貸し倒れ比率で分かる金融機関の危機の割合

貸し倒れ比率とは、所有する債権の与信残高に対しての不良債権の償却額の割合です。融資をビジネスとするクレジットカード会社や消費者金融、銀行などでは、個人や企業などの債務者に対して信用審査を行ってから融資を行っています。
クレジットカード用語

ECOMと呼ばれる次世代電子商取引推進協議会の役割

ECOMは次世代電子商取引推進協議会の略称で、インターネットを利用したオンラインショッピングなどのインターネットビジネスで利用される商取引に対してのルール策定、国際標準化運動、セミナーやデータ公開を行っていた組織です。2010年に日本情報処...
スポンサーリンク
クレジットカード用語

累進課税による納税者のメリット、デメリット

累進課税とは、所得税や相続税などの課税金額の計算方式であり、所得に応じて税率が高くなる仕組みになります。意図としては垂直的公平という言葉で理解されますが、沢山払える人が税金を払う仕組みを、日本のみならず各国に導入されているものです。
クレジットカード用語

ビザインターナショナルと呼ばれるクレジットカードのビジネスとは

ビザインターナショナルはクレジットカードの国際ブランドであるVISAを運営している会社で、全世界に加盟店ネットワークを築いています。国際ブランドとはクレジットカードの利便性向上の為に導入されているシステムであり、クレジットカード本体と加盟店...
クレジットカード用語

ノーダウンと呼ばれるクレジットカードを使った分割方法

ノーダウンとは、クレジットカードで分割購入を行う事です。2か月以上、3回以上の支払いを行うものが該当します。高額な商品などを購入する際に一括購入をしてしまうと支払日の負担が大変大きいものになってしまうので、設定した支払い回数分に商品代金を分...
クレジットカード用語

チャージバックと呼ばれる払い戻しが行われる理由

チャージバック制度とはクレジットカードの不当請求などに関するクレーム処理のことで、利用者に代金請求の差し戻しが行われることを言います。例えば、インターネットショッピングでクレジットカードを利用して商品を購入したにも関わらず、一向に商品が送ら...
クレジットカード用語

チャージバック要請を適切なものなのか判断するCRSとは

CRSとはクレジットカード会社が所有するシステムの一つで、顧客のクレームを確認するサービスの事です。
クレジットカード用語

貸し倒れ引当金による金融機関のリスク軽減

金融機関などが企業に対して融資を行う際に、もし企業が倒産してしまった場合には元金の回収が行えないことから、負のリスクを負ってしまいます。その影響によって金融機関もダメージを受けてしまうので、そのダメージを事前に補う金額が必要です。
クレジットカード用語

E-Cashの種類と交通機関を中心とした使われ方

E-Cashとは電子マネーなどの電子通貨の事であり、現金をデジタル化することで財布を持たなくても現金と同等の価値があるカードや携帯電話のアプリなどを指します。ここ数年でコンビニやスーパーなどでは対応店舗の拡大なども行われており、電車のIC機...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました