クレジットカード用語

納税負担をクレジットカードで行う事が可能なシステム

納税負担はクレジットカードによる支払いも可能であり、地方自治体によって対応が異なります。クレジットカードによる決済システムが導入されていない地方自治体は、仲介業者のシステムを挟むことになり、費用面の問題が発生します。
クレジットカード用語

電子マネーのチャージをクレジットカードで行う

前払いが前提のプリペイド型電子マネーは、チャージと呼ばれる入金を行う事で、入金した金額分を利用することが可能になるシステムの電子マネーになります。利用者はあらかじめ入金を行い、電子マネー内残高が減れば新たに入金を行う必要があります。
クレジットカード用語

EFTを用いたクレジットカード利用手段の変貌

EFTとは電子的口座決済、電子資金振替システムの事で、Electronic Funds Transferの略称になります。通信技術、コンピュータを用いて預金口座間の資金移動や決済を処理することが可能です。
スポンサーリンク
クレジットカード用語

リレーションシップカードで多様な決済手段を使う利用法

リレーションシップカードは1枚に多様な支払い機能を持たせたクレジットカードの事です。主にポイントサービスによる支払いも可能であり、使用して付与されたポイントを使って支払い時に割引やポイントだけで商品を購入することは珍しくもなくなりました。 ...
クレジットカード用語

無効通知リストに掲載されるクレジットカード

無効通知リストはクレジットカードの無効になった番号を記載したリストの事です。CAT端末によりデータベースで管理されており、加盟店でクレジットカードが利用された際に、即座にデータベースで照合が行われた際に有効なものなのか無効のものなのかを照ら...
クレジットカード用語

BRPを用いた企業体質の改善と情報システムを使った効率化

BRPとは、ビジネス・プロセス・リエンジニアリングの略称です。経営コンセプトの一つで、コストや品質および、スピード、サービスなどの業績を改善するために組織やビジネスルール、手順などを根本的に見直し、ビジネスプロセスに視点を置いて組織、職務、...
クレジットカード用語

納税申告を行う個人事業主の提出書類とは何か

納税申告とは、納税者が税金を税務署へ所得を申告することで、納税額を決定させる申告の事です。確定申告などとも呼ばれており、1月から12月までの収入支出などを計算して翌年の2月16日から3月15日までに申告を行います。
クレジットカード用語

チップゾーンと呼ばれる電子マネーが利用できる店舗が多いエリアとは

チップゾーンは特定のICチップが搭載されたカードによる決済ができる店舗が集まったエリアの事で、主にIC乗車券での決済に対応した店舗などが集まる地域の事です。 非接触ICカードの登場により決済手段が大きく変わりました。特に駅周辺ではIC乗車券...
クレジットカード用語

残高移行が必要となるクレジットカードのメリット、デメリット

残高移行とは、主にプリペイドサービスで新しいプリペイドカードなどの番号に残金を移行させ、統合させるサービスになります。
クレジットカード用語

無効チェックによるクレジットカードの判定

無効チェックとは、加盟店でクレジットカードを利用する際に信用承認が行われ、クレジットカードが有効なものなのか無効なものなのかをチェックする事です。 クレジットカード発行会社には無効通知リストと呼ばれる利用することが出来ないクレジットカード番...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました